2019-05

福島

ひめさゆり祭り|喜多方のイベント ヒメサユリ群生地へ

自生している地域では、「オトメユリ」よりも「ヒメサユリ」で知られている場合が多いです。 ヒメサユリは福島・新潟・山形・宮城の一部でしか見られない貴重な高山植物で野生種は環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定。花には甘い香りがあります。
整理

ぬいぐるみ等捨てるに捨て難い物は、リユースし途上国へ寄付

ぬいぐるみも供養できると知りずっとしまい込んだままになっていたぬいぐるみを出してみた。ぬいぐるみが増えてしまい、処分するのに抵抗があり、供養後、寄付したいと考えているのですが、ぬいぐるみは途上国へ寄付することもできますがどこに頼めば、安全にきちんと届くのでしょう。
整理

人形供養、思い出の人形・段飾りひな人形をどうされていますか?

ガラスケースに入った人形や段飾りひな人形などを大人になった今、皆さんはどうされていますか? しまいっぱなしの方が意外と多いと思います。人形供養もありますが自治体に寄付したり、ゆうパックで、年中受け付けているところあります。手放す前に写真に撮っておくということもありますね。

大人の休日倶楽部パス、旅行計画は早めに割引きっぷで楽しむ

旅の計画をたてることは認知症予防にもつながると言われています。割引きっぷを使って、イベント列車(現美新幹線、とれいゆつばさ)に乗りたいし、写真も撮りたいので、期間をうまく使って行ってきたいと思います。6月はアジサイの見ごろになりますね。
福島

2022年 福島県 9年連続日本一、新酒鑑評会で金賞受賞

全国新酒鑑評会は、明治44年(1911年)に始まった全国最大の清酒鑑評会です。今回で107回目。 1製造場に1点出品できる。吟醸酒の原酒を対象に、杜氏や国税庁の鑑定官などが味や香りを審査します。 新酒鑑評会の金賞は、入賞酒のうち、特に優秀な銘柄に金賞が贈られます。
資格

認知症サポーターは、認知症の正しい知識と優しい地域づくり

認知症サポーターは、講座を受講しても何かを特別にやるということはありません。認知症を正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者(サポーター)です。認知症になっても安心して暮らせるまちを目指しています。

庭の花 5月、咲いた花でレイメイキング、楽しみながら育てる

庭に以前、植えた草花・花木に花を咲かせます。今年は昨年よりも多く花がついています。今年はどの花も多く咲いたのは気候のせいでしょうか。除染で撤去したところは土砂なので、肥料入りの土を買ってきて、混ぜているところです。意外と多くの土が必要です。
見守りサービス

セントラル警備保障(CSP)のシニア向け見守りサービス

セントラル警備保障(CSP)は、シニアの方の不安をすこしでも解消し、安心で幸せな生活を送っていただきたい。 『見守りハピネス』はそんな想いから生まれた安心のサービスです。 見守りサービスは緊急通報サービスとライフリズムサービスがあります。
見守りサービス

郵便局のみまもりサービスは局社員が家族に会い様子を伝える

郵便局のみまもり訪問サービスは、近くの郵便局社員が、離れて暮らす家族に会いに行き、30分を目途して話をし、その様子をメールか郵送で伝える。訪問結果は、PDFファイルを電子メールに添付する形式でご報告します。
見守りサービス

「みまもりサポート」アルソックの高齢者緊急通報サービス

「いつもそばにいることができればいいけれど、仕事や生活を考えるとそうもいかない」。 ALSOKでは、そんなご家族の気持ちに寄り添い、ボタン一つでつながる緊急通報サービスなど 高齢者の安全を守るお手伝いをしています。