認知症予防

認知症予防

認知症予防、2019年から2025年までに70代の認知症「6%減」目標

5月16日、政府は認知症対策として「予防と共生」の取り組みを強化。70代の認知症の人の割合を2019年~2025年の6年間で6%減らす目標が掲げられた。認知症予防策として、孤独と筋肉が弱いと認知症になりやすい、運動教室や教育講座などで運動不足や社会的孤立を解消。
認知症予防

認知症予防、普段から匂いに対して敏感になっておくよう心がける

認知症予防、普段から「匂いを嗅ぐ」という習慣を身につけることも大事のようで、匂いに対して敏感にしておくことですね。 「香りを嗅ぐ」このことが脳への刺激を促進し、認知症予防になるようで、嗅覚と脳の認知機能が密接に関係していると言われています。
認知症予防

ソープカービングを体験、ナイフ1本で石鹸に美しい花を咲かせます

1本のカービングナイフから生まれます。 ソープカービングはもともとはタイの宮廷で食卓を豪華にするために野菜や果物に彫刻を施したことが始まりと言われています。野菜や果物の作品は保存期間が短いため、石けんに彫刻すれば長期保存ができるからソープカービングが人気です。