ムダ毛処理はカミソリで、中学生が困らずに剃る方法

脚 ムダ毛処理

足
中学生がムダ毛処理をカミソリで剃る方法を知りたいが、親から反対されたり、「カミソリで剃ると毛深くなる」とか「濃くなる」言われたりして・・・。

肌にかかる負担が少ないということでオススメしたいのは、カミソリによる徐毛です。
中学生がムダ毛処理、簡単にできるのはカミソリによる方法でしょう。

  

ムダ毛処理は入浴時ではなく、皮膚が乾燥した状態の時

入浴時に剃ると角質がふやけてはがれやすくなっていますし、皮膚を守っている大切な角質がどんどん取れてしまいます。

お風呂場で、剃ったあとに石けんで洗って湯船につかったりすれば、ますます皮膚へのダメージが大きくなります。

ムダ毛処理は、皮膚が乾いた状態で行うようにするとよいでしょう。

ムダ毛処理は、皮膚を保護するためにワセリンを塗布します

何もつけないままカミソリで剃ると白っぽいものが出てきますが、これは皮膚の角質層を無理やり削っていることなので皮膚の保護をするためにワセリンを塗って剃ることをオススメします。

シェービングクリームの方もいますが、ムダ毛を剃りやすい分、皮膚の脂まで取り除いてしまいます。
そのため、ワセリンを塗って剃ることをオススメです。

ムダ毛が長い場合は、ハサミで短くしてからワセリンを塗って剃っていきましょう。

カミソリを使う時、とても大事なことは毛の流れに沿って1回で剃るようにカミソリを動かします。
何回も剃ったり、逆剃りをしないように皮膚を傷めてしまいます。

剃った後は水かぬるま湯で処理したムダ毛を流しタオルで拭きます。
ワセリンを塗って皮膚を保護するとよいと思います。

2~3日は、剃った部位は石けんを使わずに流すように洗いましょう。

スポンサーリンク

ムダ毛処理は、2週間に1~2回程度にする

毎日、剃っている人もいますが、毎日は肌ダメージがひどくなり、色素沈着も起こしやすくなります。

ムダ毛が気になるから剃りたくなりますが剃りすぎは禁物です。
2週間に1~2回程度にしましょう。

皮膚が敏感になっている生理前後は避けましょう。生理前後は、抵抗力も落ちます。
ムダ毛の処理は、どの処理にしても生理が終わってからにしましょう。

自分では処理しきれなかったムダ毛処理は専用のエステサロンではきれいにムダ毛処理してもらえます。
サロン選びは慎重に、しっかりとカウンセリングを受けてお店をチェックをしましょう。

まとめ

肌にかかる負担が少ないという意味で、オススメしたいのは、カミソリによる徐毛です。

毛深くなると敬遠する人が多いですが、カミソリで毛根そのものをいじるわけではないので、
カミソリ処理で毛の太さ、毛深くとか変わることはありません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました