ひめさゆり祭り|喜多方のイベント ヒメサユリ群生地へ

春の花

ひめさゆり

可憐な花「ヒメサユリ」は「オトメユリ」とも呼ばれ、ユリ科の多年草、高山植物  
学名 Lilium rubellum

自生している地域では、「オトメユリ」よりも「ヒメサユリ」で知られている場合が多いです。

ヒメサユリは福島・新潟・山形・宮城の一部でしか見られない貴重な高山植物で、
野生種は環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されています。

筒形をしたピンク色の花が横向きに咲きます。花には甘い香りがあります。
ひめさゆり

スポンサーリンク
  

ひめさゆり祭り 開催期間・時間・アクセスなど

可憐なひめさゆりを見に、そして自然の中で日頃の疲れを癒しに「ひめさゆり祭り」にぜひお出かけください。

開催期間  2019年05月30日(木) ~ 2019年06月09日(日)
時  間  8:30~17:00
場  所  ひめさゆり群生地

交通アクセス
 電車:JR磐越西線喜多方駅から車で約30分
 車 :会津縦貫北道路喜多方ICから車で約25分
 車 :磐越自動車道会津若松I.Cから60分
 
お問合せ先
喜多方市熱塩加納町宮川字東舘山
喜多方市熱塩加納総合支所産業課
電話 :0241-36-2115
ホームページ  http://www.kitakata-kanko.jp/
料   金   200円 (小学生以下無料)

ひめさゆり群生地へ、喜多方駅から直通バスで行く

JR磐越西線 会津若松駅 ~ 喜多方駅着
会津若松 11:01発 → 喜多方11:17着 (快速あがの)
会津若松 13:08発 → 喜多方13:25着

JR喜多方駅から、ひめさゆり群生地へ直通バスは土日のみ運行します。

運行日:6月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日) 4日間のみ

料 金:大人 片道500円 往復1,000円(小学生以下半額)

直通バスの発着時間
《1便目》喜多方駅11:45発 → 着12:10 ひめさゆり群生地(見学40分) 
  ひめさゆり群生地 12:50発 → 喜多方駅13:15着
《2便目》喜多方駅13:30発 → 着13:55 ひめさゆり群生地(見学25分) 
  ひめさゆり群生地 14:20発 → 喜多方駅14:45着

JRイベント列車 「フルーティアふくしま」で行く場合
郡山駅 ⇒ 喜多方駅まで 土日のみ運行

郡山駅発  9:52 ⇒ 喜多方着 11:52
喜多方発 15:30発 ⇒ 郡山駅着 17:07

直通バスの2便に間に合いますが、ヒメサユリ群生地で25分の見学となります。

ひめさゆりは他所でも咲いている場所

1.福島市土湯の堤ヶ平ひめさゆり

土湯温泉から旧国道115号線を約8分ほど猪苗代方面に向け走り、右手にはいると、土湯温泉住民が「日本一のヒメサユリの里」を目指し植裁した、ヒメサユリが広がっています。

入場には環境整備協力金 200円が必要です。

見  頃: 6月上旬~6月下旬
場  所: 堤ヶ平
(土湯温泉から車で駐車場まで約8分)

2.高清水自然公園のひめさゆり

例年6月中旬以降に開花が始まります。 最盛期は例年6月25日辺りの前後3日程度が目安で、7月上旬前半にはほぼ開花を終えます。冬の積雪量や春以降の気候等により、初開花や満開時期が若干前後したり、全体の開花期間に長短がありますので、 開花状況は6月初旬頃に下記までお問合せください。

[お問い合わせ]
高清水自然公園管理棟「森の家」     電話 0241‐73‐2115
南会津町南郷総合支所 振興課      電話 0241‐72‐2900

ひめさゆりは種で繁殖し、翌年根が生えて小さな球根をつけます。
3年目の春、一片の葉が地表に表れ、5年目、茎を伸ばし葉も2~3枚に増え、
6年目には葉が5~6枚に増え、ようやく1輪の花をつけます。

まとめ

丘に咲いているので、交通は不便です。駅からはタクシーもしくは自家用車となります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました