漢字検定は10月23日、次回2023年2月12日(日)

漢検3級テキスト 資格

申込受付期間は先着順となっています。期間中でも、定員に達した受検地区・検定時間より受け付け締め切りとなります。

日本漢字能力検定は、2017年3月31日に文部科学省より告示された新しい小学校学習指導要領が2020年度から全面実施されます。これに伴い、日本漢字能力検定においては学年別漢字配当表に合わせて、2~10 級の出題対象となる漢字の一部について配当級を変更し、2020年度第1回から新しい配当漢字による検定を行います。

2020年度より級を変更する漢字はこちら

漢字検定は読み書きだけと思っていましたが、「読み、部首、熟語の構成、四字熟語、対義語・類義語、同音・同訓異字、誤字訂正、漢字と送りがな、書き取り」と広範囲になっています。

漢検どの級を受けようかと迷っている方へ。10級~2級の受験級の目安チェックができます。
こちらから

スポンサーリンク

第2回検定日 2022年10月23日(日)

第3回検定日 2023年2月12日(日)
 受験申込受付 11月1日(火)頃  受付開始日の発表
  

2022年度 新検定料(税込) 公開会場
 1級     6,000円
 準1級    5,500円
 2級     4,500円
 準2~4級 各3,500円
 5~7級  各3,000円
 8~10級  各2,500円

CBT(Computer Based Test)も同金額です。


スポンサーリンク

検定時間
 2級       10:00~11:00
準2級       11:50~12:50
8級~10級     11:50~12:30
1級、3級、5級、7級  13:40~14:40
準1級、4級、6級    15:30~16:30

kanji

漢字検定は、全国で、定期的に実施され、検定会場は全国主要都市。
願書に記載されている検定会場自分の希望する会場を選択します。
検定時間は60分。開始時間の異なる級を選べば2つ以上の級を受検することができます。

お問合せ先
 日本漢字検定能力検定協会の本部
 〒 605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地
 電話 075-757-8600

 東京事務局
 〒 100-0004 東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル
 電話 03-5205-0333

 漢検 日本漢字能力検定



漢検CBTとは
内申書や履歴書に記載するために、早く漢検に合格したい方には便利ですね。
コンピューターを使って漢検(2~7級)を受検するシステムです。

都合のよい日程を選んで受検でき、結果は検定後10日程度を目安に普通郵便で連絡。
47都道府県に150以上のテスト会場が設置されています。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました