郵便局のみまもりサービスは局社員が家族に会い様子を伝える

yubinbaiku 見守りサービス

郵便局

遠方でたまにしか帰省できない、人と話しているか心配、会いに行けないので心配。そんな方に郵便局の見守りサービスです。
郵便局のみまもり訪問サービス、みまもりでんわサービス、駆けつけサービスがあります。

郵便局のみまもり訪問サービス

月額 2,500円(税抜)
月1回の郵便局社員が利用者宅などに直接訪問します。

訪問結果は、PDFファイルを電子メールに添付する形式で指定された報告先へ報告します。

生活状況は「7項目+選べる3項目」で、利用者の状況に応じた確認ができます。

電子メールを受信し、PDFファイルが閲覧できる環境をご自身でご準備ください。
また、郵送での報告も可能です。
※郵送の場合、別途、郵送事務手数料が月額186円(税抜き)かかります

24時間健康相談も無料で利用できます。

スポンサーリンク

みまもりでんわサービス

固定電話:月額980円(税抜)携帯電話:月額1,180円(税抜)

利用者へ毎日お電話(自動音声)にて体調確認を行います。
回答後には、日替わりメッセージもお楽しみいただけます。

体調確認の回答内容はすぐにご家族などのご指定いただいた報告先へメールでご連絡します。
※7時~14時・16時~21時の間で時間の希望をお伺いします。

駆けつけサービス
月額+800円(税抜) ※オプション

もしものときには、ご家族からの要請に応じて警備会社が利用者宅に駆けつけます。

別途、警備会社と契約を締結いただく必要があります。
また、駆けつけの際に生じる料金は1回につき5,000円(税抜)かかります。(対応時間1時間以内)

月額+1,800円(税抜)〜でご利用者へ専用の機器をお渡しするサービスも用意しています

ヤマト運輸見守りサービス セールスドライバーは顔なじみ

自宅にやって来るセールスドライバーの存在が、独り暮らしの高齢者にとって新しい「ご近所さん」になりつつあるのかもしれない。
住み慣れた家でいつまでも安心して暮らせる環境づくりが必要ですね。

ヤマト運輸は、宅急便を活用した見守りや買い物支援の取り組みを各地で展開しています。
これらの取り組みを長く続けていくためには、現場のSDや、導入する自治体の負担を少なくすることも不可欠です

green

スポンサーリンク

pal*system 見守り安心サービス

しくみについて
見守り安心サービスの登録料・利用料は無料です。

申請者、見守り対象者、連絡受取者へ、パルシステムからお電話にて確認を行い、原則すべての確認がとれ次第、サービス開始の手続きが始まります。

見守り特典の適用については、見守り対象者=連絡受取者1人となります。

サービス内容について

こちらのサービスは緊急時の駆け付け、見守り対象者の安全、安否などを保証するものではありません。

配信情報の確認は、ご家族を対象に定期配達便

安心メールサービスは、メール配信情報選択欄で希望する項目の情報を連絡受取者にご登録の方へメールで配信します(最大3名まで登録が可能です)。

緊急通報サービスは、配達の際、見守り対象者に緊急を要する状況が発生または発生していた場合(倒れていた、体調が著しく悪化していると見られるなど)、通常とは明らかに違う状況または異変がある場合(前週配達した商品がそのままの状態で、明らかに異変と思われるなど)に連絡受取者、および公的機関(市区町村の連絡先)に連絡します。

安心メールサービスは、通常配達が休止・停止の場合、地震など災害が発生した場合、システム保守およびトラブル障害により運営が困難になった場合など、利用者への事前の通知または利用者への承諾なしにサービスの変更・追加・中止をする場合があります。

まとめ

郵便局の見守りサービス、利用者の声は、高齢者にとって親族が遠方にいる場合、寂しい思いをすることがあります。いつも利用している郵便局の社員の方が毎月訪問してくれ、生活状況を報告できることが嬉しい。

このサービスによって、遠方でもつながっていると実感できればとても安心できます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました