2020年、今年「母の日」は、1ヵ月間分散の「母の月」へ

flower 母の日

生産者の方は、新型コロナウィルスで自粛要請のために、冠婚葬祭がなくなり、3月・4月に行われる予定のイベントが無くなり、花が出荷できず、生産者が丹精して作った多くの花を無駄にしなければならなかったニュースも目にしますが、その花をなんとか応援したいという業者が現れ、「5月中を母の日に」とする動きが全国的に広まりつつあります。

例年、「母の日」に合わせて花が一番動く時だそうです。母の日前の数日間および当日は、生花店の店頭も混み合い、遠方に住む母親に贈るため宅配便での受注も多いため、生花店の店頭が「三密」になってしまうことを避け、来店者の安全、店員さんの安全というソーシャルディスタンスの問題、そして配送業者にフラワーギフトが集中し混乱を招く事態が考えられます。

それで、今年の5月10日は母の日(通常母の日は5月第2日曜日)だけでなく、5月の1ヶ月間を通じて、お母さんに感謝の気持ちを伝えようと呼びかけがあり、5月を1ヶ月間に分散する「母の月」とすることを日本花き振興協議会が提案されました。

stayhome

新型コロナウィルス感染予防のため、自宅で過ごす時間が増え、ストレスなどでちょっと気分転換したいと花やグリーンを求めて、花屋さんやホームセンターに出かけたいと思われる方が多いような気がします。

なぜ今、花やグリーンが求められているのかは、人間の心身の健康に良い影響を及ぼす、花やグリーンが持つ「植物のちから」ですね。

bara

帰省もできず、逢うこともできず、自粛のこういう時だからこそ、『日頃の感謝の気持ち』や、『元気で過ごしてほしいと願う気持ち』を花に託して贈りたい、と考えている方も多いと思います。多くの花を有効に使ってほしいと思います。

mmm_728x90_01

「誕生日のフラワーギフト」

ピンクの花を集めたフラワーケーキ。箱を開けるとハッピーバースデーのメロディが流れます。
サプライズとともに届けるバースデーフラワーケーキです。
お届け日 5月19日 ~ 7月31日


日比谷花壇おすすめ今月の旬の花


タイトルとURLをコピーしました